How to enjoy
お茶を楽しもう

国産の紅茶「和紅茶」とは

佐賀県嬉野和紅茶

最近、じわじわと人気と認知度が上昇しているのが国産の紅茶「和紅茶」。


和紅茶は、「わこうちゃ」と読みます。


和紅茶はその名の通り紅茶で、日本国内で作られている紅茶の総称として「和紅茶」と呼ばれるようになりました。


和紅茶の歴史

「日本で紅茶を作っているの?」と驚かれるかもしれませんが、紅茶栽培の歴史は意外と古く、明治時代にさかのぼります。


当時、世界的に普及しつつあった「紅茶」を日本も輸出品として生産しようと、明治政府の後押しを受けてスタートしました。


緑茶の栽培・製造には長い歴史がある日本ですが、紅茶作りのノウハウは十分に持っていなかったため、インドや中国に技術者を派遣するなどして、紅茶の生産技術を高めていきました。


主に輸出向け商品として作られていた紅茶の生産量は年々増えていき、1955年(昭和30年)には生産量8,500トンに達するほどでした。


しかし、1971年(昭和46年)に紅茶の輸入が自由化されると、価格競争力を失った国産紅茶の生産は一気に縮小し、紅茶作りをしていた茶園は殆ど緑茶に置き換わっていきました。紅茶作りを続けた茶園もありますが、国内で流通する紅茶の大半は輸入紅茶となりました。


以降、国産紅茶は地産地消の商品として、一部の地域で飲まれる存在となっていきます。


すっかり影が薄くなってしまった国産紅茶ですが、平成に入った頃から徐々に復活の兆しが出てきます。


それは、食の安全性への関心の高まりから国産志向の消費者が増えたことや、食の嗜好の多様化に合わせて、茶農家が緑茶以外のお茶・紅茶に再注目するようになったことなど、いくつかの要因が重なった結果でした。


近年、インドやスリランカ産などの輸入紅茶には無い、和紅茶独特の味わいが再評価されるようになり、各地で創意工夫された和紅茶が盛んに作られています。


和紅茶の産地

和紅茶はまだ規模は小さいももの、全国各地の茶園で作られています。緑茶の栽培をしている茶農家が茶園の一部を使って紅茶栽培していることが多いので、西日本の緑茶の産地ではほぼ全ての県で何らかの形で紅茶作りが行なわれています。


比較的生産量が多いのは、埼玉県狭山、静岡県牧之原、三重県伊勢、奈良県月ヶ瀬、京都府和束町、福岡県八女、佐賀県嬉野、熊本県水俣、鹿児島県知覧です。


和紅茶の品種

紅茶も緑茶も元を辿ると、ツバキ科ツバキ属(カメリアシネンシス)のチャの葉から作られていますが、そこから中国種、アッサム種と大きく2つの品種に分かれます。


一般的には、緑茶は中国種系の品種から、紅茶はアッサム種系の品種から作られています。


ここからまた様々な品種に分かれ、緑茶で有名な品種では「やぶきた」や「ゆたかみどり」「おくみどり」などがあります。


では、日本で作られている紅茶は、どのよう品種で作られているのでしょうか。


緑茶系の品種から作られている紅茶もあれば、紅茶系の品種から作っている紅茶もあります。

また、緑茶系品種と紅茶系品種をハイブリッドした「べにふうき」という日本で作られた紅茶系品種もあります。


ちょっとややこしいのですが、この多様性が海外産の紅茶には無い「和紅茶」の独特の味わいに繋がっています。


和紅茶の生産量

公式な統計データはまだありませんが、和紅茶の生産量は年々増加しており、現在100トン前後と言われています。


海外産の紅茶の輸入量は2016年度で約16,000トン、国内流通量に占める国産紅茶の割合は僅か0.6%とまだまだ希少な存在ですね。


和紅茶の特徴

紅茶のシーン

国産紅茶・和紅茶と一口に言っても、これまでご紹介したように産地や品種によって味わいや水色(すいしょく=お茶の色)は様々異なります。


ただ、全体的な傾向としては、和紅茶は海外産の紅茶と比べて渋味や苦味が少なく、柔らかい味わいが特徴です。

どことなく日本茶のまろやかさを感じる紅茶です。


紅茶好きな方も「こんな紅茶があるんだ」とちょっと驚かれるかもしれません。

また、紅茶の渋味が苦手な方でもとても飲みやすいので、是非一度お試しください。


和紅茶の入れ方

煎茶(緑茶)は熱湯ではなく、70〜80度前後で淹れることをお勧めしますが、和紅茶は100度近くの熱湯で入れてください。

熱湯で入れることで、香りが引き立ちます。


和紅茶の効能

海外産の紅茶と同様、和紅茶はポリフェノールの一種「テアフラビン」が豊富に含まれています。


テアフラビンは、コレステロール値を下げる効果があります。


コレステロール値が高いと動脈硬化や高血圧、心筋梗塞、高脂血症などの危険性が高まりますが、紅茶はそのコレステロールの中でも悪玉コレステロールの値だけ下げてくれます。


また、テアフラビンは、殺菌効果があることからインフルエンザ予防にも効果的です。


和紅茶のマリアージュ

ギフト、プレゼントのお茶

マリアージュとは、フランス語で結婚(mariage)の意味ですが、フランス料理の世界では料理の組み合わせについて使われます。

「ワインのマリアージュ」や「紅茶のマリアージュ」といった言葉を聞いたことはないでしょうか。


さて、和紅茶のマリアージュですが、実に色んな組み合わせが考えられます。


紅茶なのでクッキーやケーキ、フルーツといったところが思い浮かびますが、和紅茶はまろやかな紅茶なので意外と「和」の食べ物とも合います。先日、日本茶のテイスティングイベントで和紅茶をお出しした時、「おにぎりに合う紅茶ですね」と仰った方がいました。


また、和紅茶は水出しにも向いています。


低い温度でじっくりと茶葉から浸出させると、とても甘い紅茶になります。

元々自然な甘さがあるのが和紅茶の特徴の一つですが、水出しをするとその特徴が一層際立ちます。


ギフト、プレゼント向きの和紅茶

奈良県月ヶ瀬和紅茶、鹿児島県霧島和紅茶、佐賀県嬉野和紅茶

サウダージティーでは、産地と品種が異なる3種類の和紅茶をご用意しています。


産地は、佐賀県嬉野、鹿児島県霧島、奈良県月ヶ瀬の三地域から。

3種類とも農薬や化学肥料を使わないオーガニック(有機栽培)の和紅茶なので、産地(土壌)の特徴が出やすいが面白いところです。


品種も佐賀県嬉野の和紅茶は「やぶきた」、鹿児島県霧島の和紅茶は「べにふうき」、奈良県月ヶ瀬の和紅茶は「さやまかおり」と異なるので、それぞれ味わいや香りは異なります。


産地や品種が異なる「和紅茶」を飲み比べて頂くと、新しい紅茶の世界が開けるかもしれません。


詳しくはこちらをご覧ください。


佐賀県 嬉野和紅茶 >>

鹿児島県 霧島和紅茶 >>

奈良県 月ヶ瀬和紅茶 >>


previous Post
お茶がギフト、プレゼントに向いている理由 ≫
Next Post
水出し緑茶・冷茶の作り方〜夏のおすすめ〜 ≫
サウダージティーの商品ラインナップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら