How to enjoy
お茶のガイドブック

お茶、特に緑茶には身体に良い色んな
効果・効能があることが知られています。
緑茶の驚きのパワーをご紹介!

Point

風邪予防

お茶はインフルエンザの予防に効果があると言われています。それは、緑茶に含まれるカテキンやサポニンがインフルエンザウィルスの増殖を抑えるからです。風邪が流行する時期になったら、外出先から帰宅後まずはお茶で一服することを習慣にすると、気持ちの切り替えと同時に風邪の感染予防になるかもしれません。



さらに詳しく ≫

虫歯予防

虫歯予防の効果を狙ってお菓子メーカーから緑茶の成分を使ったガムが発売されていますね。
虫歯になる仕組みは、歯に付着した虫歯菌が食べ物の糖分を利用してグルカン(多糖体)を作り、グルカンが歯の表面に付着してプラークを(歯垢)形成し、このプラーク内で菌が様々な糖を使って酸を生成して歯に穴をあけることで虫歯になります。
お茶のカテキン類は、虫歯の原因となる虫歯菌の増殖を抑える効果があります。



さらに詳しく ≫

血圧上昇の抑制

高血圧は、脳卒中や心筋梗塞、腎不全などを引き起こす可能性がありあす。
緑茶に含まれるカテキン類は、血管を収縮させ血圧を上昇させる体内物質の働きを抑える効果があります。


血糖値上昇の抑制

血糖値が常に高い状態を糖尿病と言います。
血糖値が高い状態が続くと様々な病気を引き起こす原因となります。
緑茶成分のカテキン類は、血糖値を上昇させる糖の分解酵素の働きを阻害する効果があり、血糖値の上昇をゆるやかにします。



さらに詳しく ≫

ガン予防

今や国民病とも言われるガンは、様々な要因により複数の遺伝子が突然変異を起こすことで発症します。緑茶のカテキン類などの抽出物は、細胞の突然変異を抑える効果があります。ただ、ガン発症のメカニズムは複雑なため、これからの更なる研究が待たれるところです。


肥満予防作用

緑茶カテキン類は、でんぷんやショ糖など糖質の分解を妨げて、ブドウ糖の生成を抑制する効果があります。つまり、脂肪を減少させる効果があるので肥満を防止できるということです。いわゆる生活習慣病、メタボリックシンドロームに対しての有効性は報告例によりその効果は認められているようですが、これからの研究結果によってさらに実証されていくものと思われます。


動脈硬化予防作用

血中のコレステロールが高い方は、血管が詰まり易くなって動脈硬化、脳梗塞などを引き起こしかねません。コレステロールには、LDL(低密度リポタンパク質)という悪玉コレステロールと、HDL(高密度リポタンパク質)というものがあるのですが、緑茶にはカテキン類の中に含まれるエピガロカテキンガレートというカテキンが、悪玉LDLコレステロールの酸化を抑える作用があり、さらに善玉HDLコレステロールを上昇させたという報告例があります。


アレルギー予防作用

花粉症、アトピー性皮膚炎、ぜんそくなどのアレルギー症状に悩んでいる方も多いと思います。緑茶カテキン類の一種にメチル化カテキンがありますが、このカテキンがこれらのアレルギー症状を抑える作用があると言われています。
メチル化カテキンを多く含む品種は、べにふうき、べにふじ、べにほまれといった品種に見られます。

さらに詳しく ≫

サウダージティーの商品ラインナップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら