How to enjoy
お茶のガイドブック

お茶の歴史は非常に古く、一説によるとなんと5000年前!
日本でも1000年以上に渡って私たちの生活の中にある飲み物です。

Point

仏教と共に日本に伝来したお茶

日本には、奈良時代に遣唐使を通じて中国から入ってきたと考えられています。


最澄や空海といった僧侶が中国で仏教を学び、仏教の経典などと共にお茶の種子を持ち帰りました。当時の日本は、中国で栄えた最新の文化を学ぼうとしていましたが、お茶も憧れの文化の一つとして捉えられていたのでしょう。


宮廷での行事にお茶が配られたりしていましたがお茶はまだ高級品で、貴族や僧侶など一部の人々の間で飲まれるにとどまり、庶民には高嶺の花の飲み物でした。


お茶の栽培の始まり
〜800年前の健康ガイドブック「喫茶養生記」〜

日本で茶の栽培が本格的に始まったのは、宋(当時の中国)で禅宗を学んだ栄西が帰国後に福岡県と佐賀県の県境にある背振山に茶園を開いたのが最初と言われています。


その後、京都の明恵上人が栄西からお茶の種子を譲り受け、京都でもお茶の栽培が始まりました。日本を代表する銘茶の一つ、宇治茶の始まりです。


お茶の栽培は京都、奈良、静岡と広がっていきました。


又、栄西は、喫茶養生記という書物を書いています。現代風に言えば、お茶の医学書です。 そこには、お茶の栽培・製法と共にお茶がいかに体に良いかその効能が様々記されています。


鎌倉時代に書かれた別の書物「吾妻鏡」にも、お酒が好きだった時の将軍源実朝が二日酔いに苦しんでいる時、栄西が源実朝にお茶を飲むことを勧め、実朝がお茶を飲んだところ二日酔いが治ったという記述があります。


お茶のどの成分が何に効果があるのか、医学的な根拠は解明されていなくても、お茶は体に良いというのを経験的な実感として当時の人々は感じていたのでしょう。


お茶の栽培地域が広がるにつれ、喫茶の習慣は貴族だけにとどまらず、武士や庶民の間にも広がっていきました。


武士・庶民に広がるお茶
〜お茶当てゲームの流行〜

お茶が身近な存在になっていったのを象徴するのが、闘茶や茶寄合と呼ばれるゲームの流行です。


これは、大勢で集まって懸賞を出し合い、お茶の飲み比べや産地を当てあうゲームです。お茶は飲み物としての役割だけではなく、多くの人たちを繋げコミュニケーションを活性化させる役割を果たすようになっていきました。


闘茶は、室町幕府を開いた初代将軍足利尊氏が法令で禁止するほど流行しました。


日本で育まれた独特の茶文化
〜茶道〜

闘茶が流行するにつれ、闘茶が行われる部屋の内装や茶器、作法といったことに様式美が加わっていき、茶の作法を形作っていきました。


また、お茶が日本に入ってきた経緯からお茶は禅の思想と結びつき、単なる飲み物という枠を超えて茶道として日本文化を象徴する存在になっていきました。


「月も雲間のなきは嫌にて候」


茶道の祖と言われる村田珠光の言葉です。

完全なものだけが良いのではなく、少し不完全なものの中に美を見るという茶の湯の美意識を表す言葉です。


茶の湯の精神は村田珠光、武野紹鴎、千利休と引き継がれ、現代の茶道に繋がっていきます。


日本茶の世界進出

江戸時代、お茶の製法が様々開発され流通制度も整っていき、一大産業になっていきました。


そして、江戸時代後期、幕末の開国をきっかけに日本茶は輸出商品としても脚光を浴びるようになりました。明治初期、お茶は生糸に次いで輸出額第二位と日本を代表する輸出商品だったのです。


その後、日本の工業化が進むにつれてお茶の輸出割合は減っていきました。


しかし、2013年、日本食がユネスコの世界無形文化遺産に登録されたことをきっかけに日本食を代表するお茶も注目を集めるようになっています。


現在、日本茶は全世界に輸出されており、アメリカ向けが4割、次いでカナダ、台湾、シンガポール、ドイツなど北米、ヨーロッパ、アジアを中心に親しまれています。


サウダージティーの商品ラインナップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら