How to enjoy
お茶のガイドブック

お茶にはどのような種類があるのでしょうか。
種類の違いはなんでしょうか。

ざっくりと知りたい方は、Pointへ

詳しく知りたい方は、More Detailへ

Point

お茶は発酵の度合いによって3種類、緑茶、烏龍茶、紅茶に分かれます。


私たちが普段飲んでいるお茶の茶葉は、茶園から摘み取った茶葉(生葉・なまは)そのものではなく、様々な製造過程を経て、実際の商品となります。


茶葉を摘んだ後、どのように製造するかによってお茶の種類が決まります。


緑茶(不発酵茶)

緑茶は、茶園から摘んだ茶葉(生葉)をすぐに加熱します。


それにより、茶の葉がもっている酵素の働きを止めて発酵(酸化)しないようします。

緑茶の茶葉は烏龍茶や紅茶と違って、緑色ですよね。

それは、緑茶の茶葉は発酵させないので、生葉のみずみずしい緑色が残っているからです。


烏龍茶(半発酵茶)

烏龍茶は、摘んだ茶葉(生葉)をそのまま放置して萎れさせます(萎凋と言います)。

その過程で茶葉の酸化酵素が働くようになり、茶葉の色や香り、成分などが変化します。


但し、烏龍茶は完全に発酵させません。

「半」発酵茶と呼ばれるように、発酵の度合いを途中で止めます。


紅茶(発酵茶)

緑茶は発酵させない、烏龍茶は途中まで発酵させるとくれば、紅茶はもうお分かりですよね。


紅茶は、完全に発酵させて作られます。

茶葉が発酵すると、茶葉に含まれる葉緑素が分解され、色は緑色から褐色に変化します。


後発酵茶

ちょっとマニアックですが、後発酵茶と呼ばれるお茶もあります。


「後」発酵茶の名前の通り、酵素の働きを止めた後に微生物などによって発酵させます。その風味や香りは独特です。


日本で作られている後発酵茶は、碁石茶(高知県)、阿波番茶(徳島県)などがあります。

四国以外で目にすることはなかなか無いかと思いますが、以前、期間限定で販売していた碁石茶を見つけて飲んだことがあります。


碁石茶は、乳酸菌を豊富に含む珍しいお茶です。味は、普段飲んでいるお茶だと思って飲むとかなり衝撃を受けます。。。


ちなみに、中国茶では、黒茶、プーアル茶が後発酵茶です。

サウダージティーの商品ラインナップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら