How to enjoy
お茶のガイドブック

お茶の種類や日本茶の種類、日本茶の産地、お茶の成分・カテキンの効果などをご紹介。

カテキン

お茶に含まれる苦み、渋み成分。カテキンは、花粉症予防や風邪予防、虫歯予防など様々な効能がある成分として注目を浴びており、お茶はカテキンを豊富に含みます。


かぶせ茶

かぶせ茶は、関東の方にはあまり馴染みが無いお茶かもしれません。

かぶせ茶の生産は、三重県の伊勢市や四日市が中心で、全国生産量の1/3を占めます。


玉露と同じように茶園全体を覆って栽培されますが、覆いを被せる期間が玉露よりも短いのが特徴です。

煎茶と玉露の中間に当たるお茶と言っていいでしょう。


茎茶

茎茶は、茎の部分だけを使ったお茶で別名、棒茶、かりがね茶とも呼ばれています。

甘く爽やか香りとさっぱりとした軽い飲み口が特徴です。


一般的には安いお茶という位置づけですが、高級煎茶や玉露の茎を使った高級な茎茶もあります。有名なところですは、石川県の加賀棒茶や京都の雁ヶ音(かりがね)茶があります。


茎茶はカフェインが少なめなので、カフェインを控えている方にも向いています。


後発酵茶

後発酵茶は、乳酸菌などの微生物を使って発酵させて作るちょっとユニークなお茶です。

チーズやヨーグルトみたいですよね。


日本では、高知県の碁石茶や富山県の阿波番茶、中国ではプーアル茶(黒茶)が後発酵茶になります。


粉茶

回転寿司のお店でよく出てくる粉茶。

見た目が似ているお茶として、粉末茶というのもありますが、それぞれ違う種類のお茶です。


粉茶は、煎茶の製造過程でこぼれ落ちる「粉」を集めたものです。


従って、お茶の葉を粉砕して粉状にしている粉末茶とは異なり、基本的にはお湯に溶けません。飲み方は、煎茶と同じです。


粉茶は粉状でお湯に浸出しやすいので、ティーバッグ用に使われたり、オフィスなどに設置されているティーサーバー(給茶器)によく使用されています。


玄米茶

玄米茶はその名の通り、煎茶と白米を炒った玄米のブレンドティーです。

玄米茶は、様々な身体に良い効能があることでも知られています。


まず、玄米にはビタミンEが豊富に含まれています。ビタミンEは、強い抗酸化作用から美肌効果がある栄養素として注目を浴びています。そのビタミンEは、ビタミンCと一緒に摂取すると、その吸収効果が高いことが分かっています。


ビタミンCを豊富に含む煎茶とビタミンEを含む玄米を一緒に摂取できる玄米茶は、とっても身体に良い飲み物なのです。


また、玄米茶はカフェインが少なめなので、妊娠中の妊婦さんや小さいお子さんも安心して飲めます。


煎茶

煎茶とは、緑茶の一種です。煎茶の誕生は、江戸時代にさかのぼります。実はお茶は古くから飲まれていましたが、現在、多くの人に親しまれているお茶(煎茶)とは異なる製法で作られていました。


それまでは、茶の葉を摘んだ後、煎茶のように茶葉(生葉)を蒸すのはなく、炒って加熱する(釜炒り製法)ことで酵素の働きを止めていました。また、煎茶は茶葉を揉む工程がありますが、茶葉を揉むことなく、そのまま乾燥させて石臼などで挽く(碾茶製法)といった作り方をしていました。


そこで、江戸時代、永谷宗円という人が「もっと美味しいお茶の作り方はないのか」と考え出したのが、今の煎茶製法です。


茶の葉を摘んだ後すぐに蒸し、その後、何段階にも揉んだり乾燥させたりしながらお茶の葉を針状に整えていきます。このような工夫を凝らすことで、うま味、渋味、渋味などバランスが整い、色も鮮やかな緑色のお茶に仕上げることが出来るようになりました。


日本茶

日本茶とは、日本で作られているお茶全般のことです。


日本で作られているお茶の殆どは不発酵茶(茶葉を摘採した後、すぐに発酵を止める)の緑茶で、緑茶の種類の中には、煎茶、玉露、かぶせ茶、玉緑茶、碾茶、番茶、ほうじ茶、玄米茶などがあります。


また、微生物などを使って発酵を促して作る「後発酵茶」というのもあります。後発酵茶には、高知県の碁石茶や富山県の阿波番茶があります。


では、麦茶やはと麦茶、桑の葉茶、柿の葉茶、杜仲茶、よもぎ茶などは?


お茶は本来、ツバキ科ツバキ属の「チャの葉」や「チャの芽」を使用して製造したものを指します。それぞれの原料は、麦茶は大麦(イネ科)、はと麦茶はハトムギ(イネ科)、桑の葉茶は桑の葉(クワ科)、柿の葉茶は柿の葉(カキノキ科)、杜仲茶はトチュウ(トチュウ科)、よもぎ茶はヨモギ(キク科)とツバキ科ではありません。


ただ、日本では昔から植物の葉から作られる飲み物を「茶」と呼ぶ習慣があり、上記の麦茶なども「茶」という言葉を付けて呼ばれるようになりました。


深蒸し茶

深蒸し茶は、煎茶と製造方法が異なります。

お茶の製造工程の最初に「蒸熱」というお茶の葉を蒸す工程があります。


深蒸し茶は、普通の煎茶よりこの蒸す時間を2、3倍長くすることで甘みが増し、濃い緑色のお茶となるのが特徴です。


茶葉が細かく浸出しやすいので、水出しの冷茶にも向いています。ただ、急須で淹れる際は、茶葉が詰まりやすいのでちょっと注意が必要です。


深蒸し茶は、主に静岡県の牧ノ原や掛川で作られています。


粉末茶

見た目が同じような抹茶と混同されやすい粉末茶ですが、もちろん、抹茶と粉末茶は違います。

粉末茶の原料となるのは煎茶、抹茶は碾茶(碾茶)です。


粉末茶は煎茶を粉末状にしたもので、お茶の葉を丸ごと摂取できるので、お茶の栄養を全て取り込むことができます。


粉末茶はその形状から溶けやすいので、スティックタイプやティーバッグとして販売されているケースも多いです。


焙じ茶

ほうじ茶は、煎茶や番茶の茶葉を強火で焙煎して作る緑茶の一種です。

ほうじ茶の香ばしい香りは、この焙煎の工程からきています。


ほうじ茶のさっぱりとした味わいが好きな方は多いと思いますが、このさっぱり感を活かして、ほうじ茶入りのアイスクリームやプリン、ほうじ茶ラテなど、いろんな楽しみ方が増えています。また、焙じ茶のを原料とした香水も最近は人気のようです。


抹茶

抹茶は、鎌倉時代の頃から禅宗と茶の湯と発展とともに広がりました。


近年は抹茶を使ったスイーツ類も人気ですよね。抹茶ティラミスや抹茶ラテ、抹茶入りのケーキやプリン、お菓子も人気です。


抹茶は、乾燥したお茶の葉を石臼などで挽き、粉末状にしたお茶のことです。この原料となるお茶の葉は、碾茶(てんちゃ)と言います。


麦茶

麦茶は、大麦(イネ科)を原料として作られています。


大麦は、縄文時代に中国から朝鮮半島を経由して伝わり、日本各地で栽培されるようになりました。そして、平安時代には、現在のように大麦を焙煎して飲料(麦茶)として飲むようになったと言われています。


麦茶の効能としては、血行の促進や胃の粘膜の保護、肌荒れ予防(美肌効果)、抗酸化作用などがあります。


また、麦茶はカフェインが含まれていないのも特徴の一つです。


一般的なお茶は、ツバキ科ツバキ属(カメリアシネンシス)のチャの葉から作られますが、麦茶は大麦の葉なのでカフェインが入っていません。

カフェインの1日の摂取量を気にされている妊婦の方や赤ちゃんも安心して飲むことが出来ますね。


ちなみに、はと麦茶というものありますが、実は「麦茶」と「はと麦茶」は原料がちょっと違います。


サウダージティーの商品ラインナップ

お買い求めについて

商品のご注文は、当ホームページのオンラインショップで承っております。
▸オンラインショップはこちら


また、百貨店やセレクトショップでもお取り扱い頂いております。お近くにショップがございましたら、お立ち寄りください。
▸取扱店舗一覧はこちら

送料・配送

ご購入金額(税別) 送料(税別)
6000円以上 無料
6000円未満 350円

上記は国内の配送料です。
▸詳しくはこちら

お支払い

❶クレジットカード支払い

❷コンビニ支払い

❸銀行振込み「ゆうちょ銀行」「ジャパンネット銀行」

▸詳しくはこちら

ギフトラッピング

サウダージティーでは、包装紙、熨斗(のし)紙、リボンシールをご用意しております。ご用途に応じて、お選び頂けます。▸詳しくはこちら

お問い合わせ

よくいただく質問

オンラインショップをご利用頂くにあたってよくいただく質問は、こちらをご覧ください。
▸詳しくはこちら